中学高校副主将.              でもサークルでは補欠だよ,うるせぇな.


by c-mails-co
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

反省と抱負

 年明けから半月過ぎました.

みなさまいかかがお過ごしでしょうか.

お世話になっております.

 今更かと言われそうですが,昨年度の反省.

納会にもかかわらず身だしなみが悪いと叱られました.

確かに,社会人のくせに高校生のような着こなしで

スーツを着ている点や,髪の毛が伸びていたのは

悪かったと思います.

 また,人に対する気遣いも欠けていたので,

身だしなみと,人に対する気遣いはしっかりしたいです.


 ただ,昨年は過剰に怒られたのも事実です.

身だしなみもありますが,皆様のように,

ポマードつけまくりのぺったんこの七三わけは

不自然で,今の時代不快ととられられても

仕方がない気もします.

 また,気遣いに関してもお客様との差はださないといけないため,

お客様への対応を嫉妬するかのように,気遣いしろというのは

むしろ,気疲れしすぎて,仲間ではない気がします.

それでも,そのようにしろと言われればしますが,しません.

しますが,しませんというのは昨年「考える」を実行した

結果の一つです.

 昨年は,新人と言うことで偏った考えもあったかもしれませんが,

また,今年は今年でしっかり「考える」を実行し,結果の行動まで

しなければなりません.

 勝負の年であり,頑張ります.

 昨年末の古市さんの言葉

 人からの批判とは他人の場合もあれば、身内の場合もあります。別に、
人の批判を恐れて、あなたが新しいことを・人と違うことを断念したり、
自分の潜在能力を開花させないまま人生が終わっても誰も困りません。

  だけど、あなたそれでいいのですか? 人生一度しかないのに。

 特に、他人の批判なんてどうでもいいでしょう。正直、あなたに批判的
な他人なんて、あなたの人生においてほとんど価値はない。ほとんど接
点もない。
そんなどうでもいいような人たちのことを気にするあまり、あなたは自
分のやりたいことをやらずに、人生終わるのですか? ナ・ン・セ・ン・ス。

私の記憶が正しければ、お釈迦様の話。ある人が、お釈迦様をひどく誹
謗中傷していたそうです。

お釈迦様は彼に対し、「あなたがある人に贈り物をして、相手がそれを
受け取らなかったら、その贈り物は誰の物ですか?」彼は「自分の物に
決まっているだろう」と答えたそうです。

すると、お釈迦様は、「では、あなたが他人を誹謗中傷して、相手がそ
の誹謗中傷を受け取らなかったら、その誹謗中傷は誰の物か?」彼は絶
句して、黙って立ち去ったという話。

他の人からのアドバイスには耳を傾ける必要があります。しかし、明ら
かな誹謗中傷は気にせずに、ぜひ一度しかないあなたの人生をやりたい
ことをやってください。
[PR]
by c-mails-co | 2008-01-16 20:54 | 独り言